SSDとHDDの違いは?レンタルサーバー選びの為にも知っておきましょう

レンタルサーバー選びの為にも知っておきたいSSD、HDDの違いを詳しく解説します。

🍟

このメディアはロリポップ!のハイスピードプラン+WordPressで運用しています。
WordPressについてはGatsbyという静的サイトジェネレーターを活用し、超高速でのページ表示を実現しています。
詳しい実装方法についてはペパボテックブログをご確認ください。

2020-06-2

あなたがPCを購入する際に重要視するポイントは何ですか?
デスクトップかノートか、はたまた画面の大きさや肝心の価格などが気になるところですが、「データをどれだけ保存できるか(記憶容量はどのくらいか)」「処理速度はどのくらいか」は特に重要視するポイントではないでしょうか?

同じことがレンタルサーバーにも言えます。PCと同じくレンタルサーバーを選ぶ際は「データをどれだけ保存できるか」「処理速度はどのくらいか」を重要視するのではないでしょうか?その2つの性能を決めるのは、内部ストレージだといっても過言ではありません。

今までのPCは内部ストレージにHDD(Hard Disk Drive)が使われることが主流でしたが、最近はSSD(Solid State Drive)が使われているPCも増えてきています。レンタルサーバーでも最近はSSDが使われているもの(サービス)が増えてきています。この記事ではレンタルサーバー選びの為にも知っておきたいSSD、HDDの違いを詳しく解説します。是非、あなたのレンタルサーバー選びのポイントとしてご活用下さい。

SSDとは?

SSD(Solid State Drive)とは、半導体素子メモリーチップを内蔵し、データの読み書きが行われる装置です(USBメモリーを想像するとイメージが掴みやすいでしょう)。

HDDは内臓ディスクを回転させてデータの読み書きを行いますが(※ HDDの詳しい解説は次節を参照)、SSDのメモリーチップはHDDと違って駆動することがないので、その分の時間が短縮され、発熱も少ないのが特徴です。また、メモリーチップそのものが小さくて軽いため、持ち運びに便利かつ衝撃にも強いのも特徴です。

更に内部ストレージはHDD、SSDに限らず処理速度データの読み書きだけでなくOSやソフトの処理時間にも影響するため、SSD内臓PC、サーバーは電源を入れて立ち上がるまでの時間も速いのです。(この特性から、SSDは近年ノートPCのメモリーとして内蔵されることが増えています。)ただし、メモリーチップは高価であるため大量のデータを保存するとなると、多数のメモリーチップが必要となるのはもちろん、合わせて価格も割高になってしまいます。

HDDとは?

HDD(Hard Disk Drive)とは、回転する磁気ディスク(プラッター)が一定の間隔を空けて何枚も重なりあい、磁気ヘッドによってデータの書き込み、読み込みが行われる装置です。高価なメモリーチップを使うSSDに対して、HDDの磁気ディスクは比較的安価なため、データ容量当たりの価格が安いことが特徴です。そのためHDDは大容量の製品も多く、大量のデータを保存するには適しているストレージだと言えます。

ただし、データの読み書きを行う度に磁気ディスクが回転する(磁気ヘッドの移動も発生する)、その稼働分の時間を要するため、処理速度はSSDよりは遅くなってしまうことがデメリットです。

更にHDDは、データの読み書き時に大きな衝撃を与えると内部の磁気ディスクや磁気ヘッドを傷付けてしまう可能性が高く、傷つくことでデータも破損して使えなくなってしまいます。また、構造上(磁気ディスクや磁気ヘッドが駆動するため)消費電力も多く、高負荷時に発熱も起こりやすいため、熱暴走や故障の原因にもなり得てしまうのです。

SSDとHDDの違い(メリット、デメリット)

ここではSSDとHDDの違い、特徴を分かりやすくするために一覧にまとめて比較します。一覧で比較してみるとPCやサーバーにおいては以下のようなメリット、デメリットがあることが分かります。

SSDHDD
データ保存量(容量)半導体メモリーチップはHDDに比べると容量は少ないですが、大容量を確保したレンタルサーバーサービスも存在します。磁気ディスクは大容量のデータ保存に適しています。
処理速度HDDのように磁気ディスクや磁気ヘッドの稼働時間がかからないため、処理速度はHDDよりも速いことがメリットです。データの読み書きに磁気ディスクや磁気ヘッドの稼働時間も加味されるため、処理速度はSSDより遅くなります。
価格(コスト)半導体メモリーチップは磁気ディスクよりも高価ですが、価格が抑えられたレンタルサーバーサービスも存在します。磁気ディスクは比較的安価なため、データ容量当たりの価格が安いです。
耐久性物理的駆動部分がないため、耐震衝撃に強いです。データの読み書き時に大きな衝撃を与えると、内部の磁気ディスクや磁気ヘッドを傷付けてしまう、データも壊してしまうことがあります。
電力(エネルギー効率)HDDと比べると物理的駆動がないので消費電力も少なく、熱が発生しにくいです。エネルギー効率は良いと言えます。物理的駆動の分電力を使い、熱も発生するため、その熱を冷ますべく冷却ファンが作動するなど、多くの電力を消費します。
重量半導体メモリーチップそのものが小さくて軽いです。磁気ディスクは半導体メモリーチップよりも大きく、重いです。

一覧をご覧になられたならご理解いただけるでしょうが、レンタルサーバーにおいては、PCのように自身でメンテナンスを行う必要がないため考慮せずともよいポイントがあることが分かります。

特にデータ保存量に対する価格や電力はレンタルサーバー側が負担するものであり、耐久性と重量などもレンタルサーバー側が気にすること(メンテナンスすること)であるのもお分かりになるかと思います。それを踏まえた上で自分に合うもの、自分の望むことを適えてくれるのはSSDとHDDのどちらなのかを考えると良いでしょう。

WordPressを利用するなら、SSD搭載のサーバーがおススメです

もし、あなたがレンタルサーバーを借り、WordPressにてWebサイトを公開することを検討しているならば、是非ともSSD搭載のサーバーを候補の一つとして検討して下さいむしろSSD搭載のサーバーを第一候補としても良いと言っても過言でありません。なぜならばSSDを搭載したサーバーを使用すれば、以下のような具体的なメリットを享受できるからです。

第一のメリット:Webサイトの表示を速くすることでユーザーの離脱を減らす

「表示速度が0.1秒遅れると売上が1%減少する」と言われるように、現在のユーザーはWebサイトの表示が遅い、時間がかかると途中で離脱する可能性が高いです。「Webサイトを閲覧していて、あまりに表示が遅すぎるため読まずに離脱した。」なんて経験は、あなた自身もありませんか?

特に現在はスマートフォンの普及に伴い、スマートフォンでWebサイトを閲覧する機会が大幅に増えているため、いかにスマートフォンでの表示速度を速くするか(改善できるか)がサイトの売上や閲覧数にも大きく影響します。

少しでもユーザーの離脱を減らす要因をなくすべく、Webサイトの表示を速くすることは常に心がけておきましょう。

第二のメリット:SEO(検索エンジンからの流入)の改善

現在の検索エンジン(Googleの検索アルゴリズム)では、Webサイトの表示速度があまりに遅い場合は検索評価が低くなる、つまりは検索順位(ランキング)を落とされてしまうことでSEOでの大きな機会損失をも生み出してしまいます。

しかし、SSD搭載のサーバーならばWebサイトの表示速度が速くなるため、検索評価でのマイナス要因を潰すことになる、SEOの改善になります。更にWebサイトの表示速度が速くなるということは、第一のメリットであるユーザーの離脱を減らすことにも繋がります。

よって、2つの懸念点から解放されることで、Webサイトの環境面における対応に悩まされることもなくなるのです。

以上のことからも分かるように、WordPressを利用するならSSD搭載のレンタルサーバーにてWebサイト構築を行うことをおススメいたします!

ロリポップはSSD搭載のプランも用意しています

ロリポップではSSD搭載のプランとして「ハイスピードプラン」と「エンタープライズプラン」の2つを提供しています。

ハイスピードプランであれば、月額1000円からとSSD搭載のレンタルサーバーであるにもかかわらず比較的安価に利用可能であり、容量もたっぷりの200GBが用意されています。

また、速さと安定性の秘訣として、以下の3つの特徴を備えたサービスとなっています。

1.オールSSDの高速サーバー

速さにこだわってオールSSDの高速Webサーバーを採用。読み込み・表示速度が大幅に向上しました。

2.高い安定性を誇るLiteSpeed

WordPressとの相性を重視して第4世代のWebサーバーとも言われるLiteSpeedを採用。高速化だけでなく、高負荷時の安定性にも優れています。

3.速さと安定性を向上させるロリポップ!アクセラレータ

WordPressのパフォーマンス向上、静的サイトの高負荷状態でもサイトが安定表示されるアクセラレータ機能をつけました。

更に、2つのオプションも無料で提供しています。

1.バックアップの自動取得

管理はお任せで毎日バックアップを取得しています。最大7日分が保存されています。(※ バックアップの復元には手数料が必要です。※ 時間帯や完全性の保証はございません。状況によっては一時停止する場合もございます。)

2.独自SSLの設定

独自ドメインを無料でSSL設定し、ワンボタンで簡単設定できます。SEO対策にも有効です。(※ ロリポップ!全てのプランでご利用いただけます。)

少しでも気になる、実際に使って判断したい方は先ずは10日間の無料お試しから始めてみて下さい(ハイスピードプラン、エンタープライズプランとも無料で10日間お試し可能です)。

ロリポップのSSD搭載のプランは、あなたを満足、納得させるサービスであるとお約束いたします!

記事一覧に戻る